多汗症の治療

腋窩多汗症にはボトックス注射が有効!汗止め効果や特徴を解説

「ちょっと緊張しただけで脇汗がびっしょり…。」
「汗が目立たない色の服しか着られない」
「脇汗を気にし始めると、よけいに汗が出てくる」

もともと脇の下は汗をかきやすい部位ですが、多汗症の方だとちょっとしたことがトリガーとなり、大量の汗をかいてしまいます。

脇汗で悩む方にぜひおすすめしたいのがボトックス注射です。注射をすることで4~9か月もの期間、汗を気にせずに毎日を過ごすことができます。

注射するだけで汗が止まるなんて、嬉しいですよね。今回はこのボトックス注射について、汗止めの効果や仕組み、メリットはデメリットなどを詳しく解説していきます。

ボトックス注射が有効な多汗症

ボトックス注射による治療は主に腋窩多汗症に有効とされています。しかし脇以外の部位にも使われることがありますので、詳しく見ていきましょう。

腋窩多汗症


参考:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版

まずは脇の多汗症から見ていきます。脇の場合は塩化アルミニウム液とボトックス注射(BT-A局注)での治療がメインです。

塩化アルミニウム液は、汗腺にフタをすることで少しずつ汗を出にくくしていきます。塩化アルミニウム液は1本1,000円前後で購入できる上に、肌に傷をつけることなく治療できるため、腋窩多汗症の第一選択とされているものです。

塩化アルミニウム液は多汗症の味方!効果や使い方、注意点を解説!多汗症のうち、脇や手のひら、足、頭部の多汗症に有効なのが塩化アルミニウム液です。塩化アルミニウムを使うことで汗の量が減り、生活しやすくな...

塩化アルミニウム液でも効果がなかった方、塩化アルミニウム液でかぶれて治療を続けられなかった方はボトックス注射での治療に進みましょう。

もちろん、最初からボトックス注射を受けても何の問題もありません。

塩化アルミニウム液ボトックス注射もガイドラインでは「行うよう勧められる」とされる推奨度Bに該当するため、どちらも腋窩多汗症に有効な治療方法です。

もう脇汗に悩まない!腋窩多汗症の治療方法を解説!「好きな服を着られない」 「すぐ汗じみができて気まずい」 自分だけびっちょりと脇に汗をかいて、恥ずかしい思いをしたことはありませ...

手掌多汗症

参考:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版

ボトックス毒素の注射は主に脇の多汗症に用いられる方法なのですが、手のひらの多汗症にも有効なものとして知られています。

ただし治療の推奨度は「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」とされるC1に該当するため、基本は塩化アルミニウム液やイオントフォレーシスでの治療が優先です。

多汗症はイオントフォレーシスで良くなる?!効果や仕組みを解説!手汗や足の汗で悩んでいませんか? 「裸足で歩けない」 「手をつなげない」 「パソコンやキーボードに汗がついてしまう」 な...

塩化アルミニウム液もイオントフォレーシスもあまり効果が出なかった場合はボツリヌス注射の治療を候補に入れてみましょう。

手のひらの汗を抑える方法は?手掌多汗症の治療について解説!「手汗のせいで紙がぐしゃぐしゃになる」 「手が触れるのが気になってアルバイトもできない…」 汗は自分の意思ではまったくコントロー...

足底多汗症

参考:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版

足の多汗症にもボトックス注射は用いられますが、こちらも手のひらと同様に推奨度は「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」に該当するC1となっています。

そのため塩化アルミニウム液やイオントフォレーシスでの治療が基本です。

足のうらの汗を抑える方法は?足底多汗症の治療について解説!「体育館ではだしで走るとすべってしまう」 「歩いた後に自分の汗が残っていて恥ずかしい」 足の裏から多量の汗が出てしまう足底多汗症...

頭部顔面多汗症

参考:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版

頭や顔の多汗症の場合は、イオントフォレーシスでの治療ができないため、他の多汗症の治療と比べてボトックス注射の推奨度が高めになっています。

頭や鼻、おでこなど気になる部位にボトックス注射をすることで、高い汗止めの効果が出ることがわかっています。

顔・頭の汗を抑える方法とは?頭部顔面多汗症の治療方法を徹底解説!多汗症は手のひらや足の裏、脇など人によって部位が違いますが、中でも顔や頭は汗を隠すのが難しいため、困っている方がとても多いものです。 ...

ボツリヌス注射って何?なんで多汗症に効くの?

注射をするだけでなぜ汗が止まるの?と思いませんか?ボトックス注射の仕組みについて説明していきます。

ボツリヌス注射はボツリヌス菌の毒素を活用したもの

ボトックス注射はボツリヌス菌が産生する毒素の働きを活かして汗を止めるものです。ボツリヌス注射と呼ばれることもありますね。

ボツリヌス菌の毒素を使ったものにはなりますが、ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、感染の心配はありません

ボツリヌス毒素の持つ抗アセチルコリン効果で汗を抑える

塩化アルミニウム液は汗腺にフタをすることで汗を出にくくするものでしたが、ボトックス注射は汗を出そうとする神経の働きから抑えてしまうものです。

発汗は交感神経が制御しています。交感神経が興奮すると汗が出る仕組みです。汗を出せと指令を出しているアセチルコリンの分泌をボツリヌス毒素が抑えるので、汗も出にくくなるわけですね。

ボトックス注射の費用は約10万円

費用はクリニックによってまちまちですが、片脇で4~6万円。両脇だと8~12万円です。一般的には10万円くらいが相場となります。保険適応になる場合は3割負担で3万円くらいですね。

多汗症の重症度に応じて保険適応かが変わるので、保険が使えるかどうかはクリニックに相談しましょう。

脇以外だと、両手だと4~6万円両足で6~10万円です。

ガーデンクリニックなら、8cm×4cm(片脇分)のボトックス注射が、
モニター価格で25,000円から受けられます。お得に治療したい方はぜひチェックしておきましょう。

ガーデンクリニック

 

 

ボトックス注射のメリット・デメリット

注射するだけで気になる汗を抑えてくれるなんて、嬉しいですよね。多汗症のつらさは多汗症の方にしかわかりません。汗のせいでこれまでの日常が壊れてしまうこともあるものです。

そんなつらさから解放してくれるボトックス注射にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか

ボトックス注射のメリット

  • 1回注射するだけで4~9か月も汗の悩みから解放される
  • 痛みが少ない
  • 注射したその日からすぐ日常生活を送れる

両脇の注射で約10万円ほどかかるものの、注射を打つだけでかなりの期間、汗の悩みとは無縁な生活を送れます。汗が気になって着れなかったあの服も、汗のせいで憂鬱だったイベントも、ボトックス注射をすれば気にせずに済むのです。

片脇で15~20か所ほど注射をするので、多少の痛みはありますが、そこまで強くはありません。希望があれば麻酔を使ってくれるクリニックがほとんどなので、痛みを気にする必要はそこまでないでしょう。

皮膚を切ることもないので、施術が終わったその日から日常生活を送れます

(ただし激しい運動は控えてください)

ボトックス注射のデメリット

  • 効果が永久的ではない
  • 人によってはすぐに効果が切れてしまうこともある
  • 汗の量がゼロになるわけではない

何度もお伝えしているように、ボトックス注射の効果は約4~9か月です。徐々に効果が薄れていき、また元の状態へと戻ります。

人によってはボトックス注射の効果が3か月ほどで切れてしまうこともあるため、注射をしてみないとどれくらいの期間続くのかがわからないというデメリットもあるでしょう。

また注射しても完全に汗が抑えられるわけではありませんので、かなり量を減らせるとはいえ、汗の量をゼロにすることは不可能です。

ボトックス注射の効果は永久ではありませんが、数ヶ月もの間、汗を気にせず過ごせます。汗を気にしない期間がしばらく続くことで、汗をかく不安から解放されるため、注射の効果が切れた後も汗の量が減るケースもあります。

まとめ

ボトックス注射は脇や手のひら、足の多汗症の治療に用いられる治療です。汗を出す指令そのものをブロックするため、高い制汗効果が期待できます。

効果は4~9か月と一時的なものなものではありますが、大きな手術をすることなく汗を気にしない生活を手に入れられるため、人気の治療方法です。

塩化アルミニウム液やイオントフォレーシスの治療が効かない場合は、ボトックス注射も視野に入れてみましょう。

多汗症治療の飲み薬を紹介!処方薬と市販薬を網羅多汗症は手術で汗腺を取り除いたり、塩化アルミニウム液などの外用剤を使ったり、飲み薬で汗を抑えたりしながら症状をコントロールしていきます。...
ガーデンクリニック

 

\片脇25,000円からできるボトックス注射/