多汗症の治療

市販の塩化アルミニウム液8種を比較!おすすめの制汗剤はコレです!

多汗症の治療方法の中で唯一、リーズナブルで始めやすいのが塩化アルミニウム液。病院に行かなくても治療を始められるので、こっそり多汗症の治療をしたい方にもぴったりなんです。

しかし塩化アルミニウムをネットで検索してみると、予想以上に種類が多いことがわかります。

「いったいどれが1番効くの?」
「どうせ買うなら、間違いないものを買いたい」

と思うのは私だけではないはず。そこで塩化アルミニウム8種の効果や値段、濃度などを徹底的に比較しました。

しゃけ先生
しゃけ先生
この記事を読めば、どの塩化アルミニウム液を買ったらいいのかがわかりますよ。

塩化アルミニウム液を選ぶときにチェックするべきこと

「塩化アルミニウム液なんてどれも同じでは?」と思っている方がもしもいたら、この記事を最後まで見てください。

メーカーによって濃度がまったく異なるのです。もちろん効果も違えば値段も違います。

塩化アルミニウムの濃度

顔に使うのか手に使うのか、それとも脇に使うのかによって推奨される塩化アルミニウム液の濃度が異なります。

日本皮膚科学会によると、以下の濃度が推奨されているので、使う部位に合わせて濃度を選びましょう。

  • 脇:10~35%
  • 手のひら:20~50%
  • 足:20~50%
  • 顔:10~20%

一般に濃度が濃いほど効果が高いと言われていますが、濃いほど皮膚への刺激も強くなり副作用が出やすくなります。

しゃけ先生
しゃけ先生
初めて使う方は、10%前後のものから使用するのがおすすめです。

値段

塩化アルミニウムは1~2週間使い続けないと汗止めの効果が出ません

汗止めの効果が出たとしても使用を止めればまた汗は復活するので、長い期間使用することになります。

そうなると、できるだけコスパの良いものを使いたいところ。中には他のものより高いのに効果が変わらないものもあるので、値段、そして成分は必ずチェックしましょう。

容器の形状

大きくわけると、ローションタイプとスプレータイプとがあります。たとえば手荒れがひどい方が塩化アルミニウム液を使うと、ピリピリしてしまうことがあるもの。

手荒れがあるのに塩化アルミニウム液を手にとって脇や足に塗るのはけっこうツライです。ですがスプレータイプならシュッとするだけなので手荒れを気にせず使えます。

ローションとスプレーの大きな違いといえばこれくらいですが、毎日使うものなのでできるだけ使いやすいものを選びましょう。

塩化アルミニウム液の種類・特徴

では早速、塩化アルミニウム液の濃度と内容量、値段、容器の形状をそれぞれ比較しながら紹介していきます。

オドレミン

created by Rinker
オドレミン
¥2,000
(2020/01/23 06:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

  • 濃度:13%
  • 形状:ローション
  • 内容量:25ml/1本
  • 価格:約1,150円/1本

市販の塩化アルミニウム液の代表とも言える商品が、このオドレミンです。ネットの他に薬局でも手に入ります。(取扱店はこちらで検索できます

濃度は13%なので、脇や顔の使用に適している商品ですね。

塩化アルミニウムベンザルコニウム液

  • 濃度:20%
  • 形状:ローション
  • 内容量:30ml/1本
  • 価格:約500円/1本+送料188円

市販ではとても珍しい、濃度が20%ある塩化アルミニウム液です。

脇、手のひら、脚、顔とすべての部位に使用できます。ただし濃度が濃いということはそれだけ刺激も強いので、肌が弱かったり肌荒れが心配だったりする方は濃度が低いものから使いましょう。

デトランス


※公式サイト限定販売です。

  • 濃度:25%
  • 形状:ローション
  • 内容量:100ml/1本(約40日分)
  • 価格:2,900円/1本(初回限定)

「日本の商品では物足りない方のために」と、非常に興味をそそられるコピーが特徴ですね。濃度は25%と市販の塩化アルミニウム液では最高濃度

初回購入者限定で手足用のローション(100ml)に脇用のサンプル(5ml)がついています。

しゃけ先生
しゃけ先生
人口の約9割が強い体臭を持っていると言われている国で開発された塩化アルミニウム液です。リピート率も92%以上とのこと。塩化アルミニウム液は高濃度のものほど効果が高いので、効果で選ぶなら文句なしでデトランスα一択です。

テノール液

created by Rinker
テノール液
¥2,644
(2020/01/23 18:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

  • 濃度:3.9%
  • 形状:ローション
  • 内容量:30ml
  • 価格:約530円/1本

1本あたり約530円と、とても安いのが特徴のテノール液。しかし濃度が3.9%とかなり低い点に注意しなければなりません。

初めて使うから皮膚への刺激が心配な方、他の塩化アルミニウム液だと濃度が濃くて肌荒れしてしまった方に向いています。

エキシウクリーム

created by Rinker
東京甲子社
¥1,130
(2020/01/23 06:28:20時点 Amazon調べ-詳細)

  • 濃度:不明
  • 形状:クリーム
  • 内容量:30g
  • 価格:約1,150円

エキシウクリームは汗止めに特化した商品ではなく、汗のニオイを抑えることを目的とした商品です。そのためさまざまな成分が配合されています。

エキシウクリームの成分
  • 乾燥硫酸アルミニウムカリウム(収れん成分)
  • 酸化亜鉛(収れん成分)
  • 無水硫酸亜鉛(収れん成分)
  • アラントインクロルヒドロキシアルミニウム(収れん成分)
  • 塩酸アルキルジアミノエチル(殺菌成分)
  • グリシン液(殺菌成分)

アルミニウムの濃度はわかりませんが、収れん成分が4種類と殺菌成分が2種類入っているので、高いニオイ予防効果が期待できる商品です。口コミも良いのでニオイにお悩みの方にはぜひ試してもらいたい商品と言えます。

オドジェルミスト

created by Rinker
腋臭防止剤 オドジェルミンシリーズ
¥2,900
(2020/01/23 06:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

  • 濃度:13%
  • 形状:スプレー
  • 内容量:100ml
  • 価格:2,900円

スプレータイプの塩化アルミニウム液ですね。濃度は13%と、オドレミンと変わりません。ただしオドレミンが1本25mlで約1,150円なのに対してオドジェルミストは100mlで2,900円です。

わかりやすいように同じ容量で比較してみると、オドレミンは100mlで約4,600円になります。

濃度が13%の塩化アルミニウム液の中では、もっともコスパの良い商品です。

オドレミスト

  • 濃度:13%
  • 形状:スプレー
  • 内容量:50ml
  • 価格:2,200円

濃度が13%でスプレータイプと、オドジェルミストと同じスペックですが、値段は50mlで2,200円と割高です。

塩化アルミニウム液にはこれだけたくさんの種類があるので、あえてこちらを選ぶ理由はないかなというのが率直な感想。

オドレミストを買うなら同じ濃度でスプレータイプのオドジェルミスト(100mlで2,900円)がお得です。

オドレクール

created by Rinker
ZIUON(ジウオン)
¥2,200
(2020/01/23 06:13:26時点 Amazon調べ-詳細)

  • 濃度:不明
  • 形状:スプレー
  • 内容量:150ml
  • 価格:1,980円

150mlで1,980円と、量が多くて値段は安いのですが、肝心の濃度が不明です。

濃度が低ければ満足のいく汗止めの効果は得られませんし、高ければ肌荒れの原因にもなるので、こちらはおすすめできません。

 

塩化アルミニウム液の比較表

商品画像

商品名 オドレミン 塩化アルミニウムベンザルコニウム液 デトランスα テノール液 エキシウクリーム オドジェルミスト オドレミスト オドレクール
濃度 13% 20% 25% 3.9% 不明 13% 13% 不明
形状 ローション ローション ローション ローション クリーム スプレー スプレー スプレー
内容量 25ml/1本 30ml/1本 100ml/1本(約40日分) 30ml 30g 100ml 50ml 150ml
価格 約1,150円/1本 約500円/1本+送料188円 2,900円/1本(初回限定) 約530円/1本 約1,150円 2,900円 2,200円 1,980円

おすすめの塩化アルミニウム液はこれ!

ここまで8種類の塩化アルミニウム液をご紹介してきました。

種類が多いとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこでどの塩化アルミニウム液がどのような方におすすめなのかを最後にご紹介します。

とにかく効果の高いものが欲しい!

塩化アルミニウム液は濃度が濃いほど高い汗止め効果が期待できるものです。市販で買える塩化アルミニウム液でもっとも高い濃度は「デトランスα」の25%。

つまり効果で選ぶならデトランスαが1番おすすめです。

他のどの商品よりも濃度が高いので、汗止めの効果が1番期待できる商品と言えます!


※公式サイトのみのお取り扱いです。

しゃけ先生
しゃけ先生
リンクにある手足用のもの以外は濃度が異なりますので注意してくださいね。手足用とはなっていますが、手にとって使えば脇にも使用できます!

肌に1番やさしいものを使いたい!

塩化アルミニウム液は人によって刺激を感じてしまうこともあります。刺激が心配な方は、塩化アルミニウム液濃度がもっとも低い「テノール液」がおすすめです。

濃度がわかっている商品の中では1番低い3.9%となっています。

created by Rinker
テノール液
¥2,644
(2020/01/23 18:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

刺激が強すぎず効果が弱すぎないものを使いたい!

いきなり高濃度のものを使うのは不安だけど、かといって濃度が低すぎるのは…という方には「オドジェルミスト」がおすすめです。

濃度が13%と市販の中ではちょうど中間くらいになっています。他にも濃度が13%の商品はいくつかありますが、オドジェルミストがもっともコスパの良い商品です。

created by Rinker
腋臭防止剤 オドジェルミンシリーズ
¥2,900
(2020/01/23 18:13:23時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

市販で買える塩化アルミニウム液を8種類比較しました。以下を参考に、自分に合うものを見つけてみてくださいね。

塩化アルミニウム液の中には濃度が不明なものもありますので、購入するときは必ず濃度をチェックしましょう。

塩化アルミニウム液の使い方や汗止めの原理が知りたい方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

塩化アルミニウム液は多汗症の味方!効果や使い方、注意点を解説!多汗症のうち、脇や手のひら、足、頭部の多汗症に有効なのが塩化アルミニウム液です。塩化アルミニウムを使うことで汗の量が減り、生活しやすくな...