多汗症の治療

【朗報】保険適用の多汗症治療はこれだけある!条件や種類を紹介

多汗症はれっきとした疾患の1つであるにもかかわらず、すべての治療を保険適用で受けられるわけではありません

意図せず滴る汗のせいで、日常生活すらままならなくなることもあります。保険が使えるだけで多くの方は3割負担になるので、金銭的負担が大きく減りますよね。

私も多汗症患者の1人なので、保険が使えない治療があることに疑問を感じるものの、探してみると意外と保険適用の治療があることに気がつきました。

どの治療なら保険適用になるのか、適用するための条件は何なのかなどをここでは詳しくご紹介します。

しゃけ先生
しゃけ先生
それぞれの治療がどこに行けば受けられるのかも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

保険適用になる?多汗症治療の種類

多汗症の治療方法には、多くの種類があります。10数年前くらいはまだまだ多汗症の認知度が低く、治療できる医療機関すらほとんどない状態でした。

そう考えると、近頃では多汗症の治療がとてもしやすい世界になったとも言えます。

さまざまな治療方法がある中、どれなら保険適用になるのかを表にまとめてみたのでご覧ください。

多汗症治療の種類 保険適用になるか
飲み薬
塩化アルミニウム液
イオントフォレーシス
ボトックス注射
交感神経遮断術
ミラドライ
ビューホット
ウルセラドライ

保険適用になるものは飲み薬とイオントフォレーシス、ボトックス注射、そして交感神経遮断術です。その他の治療は残念ながら保険適用になりません。

ではそれぞれの治療方法について、詳しく見ていきましょう。

飲み薬

多汗症治療に用いられる飲み薬には、主に次のようなものがあります。

  • 漢方薬
  • グランダキシン
  • プロバンサイン

これらのものは、すべて保険適用で処方してもらうことが可能です。内科や皮膚科で処方してもらえます。

私たちが普段行っているような医療機関で処方してもらえるので、保険適用になるのは当たり前と言ったら当たり前ですね。

しゃけ先生
しゃけ先生
ただしカタプレスやポラキスなどは、適用症状に多汗症が含まれていないので、保険適用外となります。保険が使える飲み薬は、多汗症に使えると国が認めているお薬のみです。
【体質改善】多汗症を漢方薬で治療!選び方や効果を解説!多汗症の治療は手術や外用薬、飲み薬などを使って行うことが基本です。 飲み薬には強制的に汗を止めてしまうプロバンサインに代表されるも...
多汗症治療の飲み薬を紹介!処方薬と市販薬を網羅多汗症は手術で汗腺を取り除いたり、塩化アルミニウム液などの外用剤を使ったり、飲み薬で汗を抑えたりしながら症状をコントロールしていきます。...

 

保険適用にはなりませんが、処方薬と似たようなお薬の一部は、市販でも購入できます。

多汗症治療にオススメの市販薬はどれ?漢方薬や汗止め液など薬剤師がご紹介多汗症の治療は市販薬でもできます。市販でも買える多汗症のお薬の選び方を薬剤師が詳しく解説。どういう体質の方にどのお薬がよいのか、汗をどういうときにかいてしまうのかによってお薬をご説明しています。...

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液は、残念ながら保険適用にはなりません。保険適用にならない旨は、「原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版」にも記載されています。

保険適用で処方してもらうためには、「このお薬は保険で処方してもOKですよ」と許可を得なければいけません。しかし塩化アルミニウムは、この許可がなく薬価収載がされていないため、現状は保険適用にならないのです。

そのため医療機関が自分で作った塩化アルミニウム液が処方される流れになっています。

塩化アルミニウム液は、多汗症治療を行っている皮膚科で貰うことが可能です。保険適用にはなりませんが、市販でも手に入れられます。

塩化アルミニウム液は多汗症の味方!効果や使い方、注意点を解説!多汗症のうち、脇や手のひら、足、頭部の多汗症に有効なのが塩化アルミニウム液です。塩化アルミニウムを使うことで汗の量が減り、生活しやすくな...
市販の塩化アルミニウム液8種を比較!おすすめの制汗剤はコレです!多汗症の治療方法の中で唯一、リーズナブルで始めやすいのが塩化アルミニウム液。病院に行かなくても治療を始められるので、こっそり多汗症の治療...
【薬剤師解説】デトランスα全種類を解説!効果や違い特徴は?どれを買えばいいか迷っている方必見!海外の方は肉食だったりお風呂に入る習慣が少なかったりで、体臭のキツイ方が多いと言われています。そんな海外の方向けに作られた「デトランスα...

イオントフォレーシス

イオントフォレーシスは、保険適用で受けられる治療方法です。「原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版」には次のように記載されています。

なお保険適用になるのは、医療機関でイオントフォレーシスを行った場合のみです。自分でイオントフォレーシスの機器を個人輸入した場合は保険適用となりません。

多汗症はイオントフォレーシスで良くなる?!効果や仕組みを解説!手汗や足の汗で悩んでいませんか? 「裸足で歩けない」 「手をつなげない」 「パソコンやキーボードに汗がついてしまう」 な...

ボトックス注射

ボトックス注射は、保険適用になる場合とならない場合とがあります。ここで「原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版」の記載を見てみましょう。

ボトックス注射が保険適用になるのは、重度の腋窩多汗症のみです。重度ではない腋窩多汗症や、その他の部位の多汗症に使う場合は保険適用となりません。

脇汗の治療にしか保険適用にならないこと、そして重度でなければダメなことには注意が必要です。

重症かどうかは、次の基準で判断できます。

  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がな
    い。
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある。
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支。
    障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある。

このうち③か④に該当する方は、重症の腋窩多汗症ですので保険適用でボトックス注射を受けられます。

なおボトックス注射は、美容クリニックや皮膚科で受けられる治療です。

腋窩多汗症にはボトックス注射が有効!汗止め効果や特徴を解説「ちょっと緊張しただけで脇汗がびっしょり…。」 「汗が目立たない色の服しか着られない」 「脇汗を気にし始めると、よけいに汗が出てくる...

交感神経遮断術

交感神経遮断術(ETS)は、1996年から保険適用になりました。内視鏡下で交感神経を取り除く手術です。

傷跡は2~3mm程度残ります。また代償性発汗といって治療した部位以外の場所から発汗量が増えることが多いので、交感神経遮断術を行う場合はじっくりとメリット・デメリットについて考えなければいけません。

美容クリニックや皮膚科で受けられます。

手掌多汗症は手術でほぼ100%治まる?!効果やリスクを解説します!多汗症の治療は一般に、塩化アルミニウム液やイオントフォレーシス、飲み薬での治療が行われます。 基本的にはこれらの治療がメインとなる...

ミラドライ・ビューホット・ウルセラドライ

ミラドライやビューホットなどはすべて保険適用外です。

交感神経遮断術は傷跡が残ったり代償性発汗があったりデメリットも大きい中、とくにミラドライは傷跡が残らず副作用も少なくなっています。

治療方法としては選択肢の1つにしやすいのですが、保険が使えないため完全に自費治療です。ただし自費でも受ける価値があると自信をもって言えるほど、高い治療効果を発揮してくれます。

多汗症治療に人気のミラドライとは?効果や特徴、料金、メリットやデメリットなど徹底解説切らない多汗症治療として高い人気を集めているのが「ミラドライ」という治療方法です。これまで多汗症を根本的に解決するためには、手術で汗腺や...
切らない多汗症手術「ビューホット」のメリットやデメリット、特徴を徹底解説!「汗が気になって外に出たくない」 「汗のせいで人生を台無しにしたくない」 自分の意思でコントロールできない汗にお困りではありませ...
ビューホットとミラドライの違いは?多汗症の治療法や効果、デメリットについて解説「切らない多汗症手術」として知られているビューホットとミラドライ。腋窩多汗症(ワキ汗)に有効な治療です。 どちらも同じくらいの価格...

保険適用になる多汗症治療は意外と多い

多汗症の治療は保険適用外になるものもありますが、意外と適用になるものもあります。

保険適用外となる塩化アルミニウムは、そもそもお値段が安いので1本1,000円ほどあったら購入できます。濃度が濃いものでも1本2,000~3,000円です。1本で1か月は使えるので、コスパは悪くありません。

またミラドライやビューホットのような治療も、保険適用外ではありますが嬉しいことに医療費控除の対象です。治療にかかった費用から10万円を引いた金額が控除の対象になります。

多汗症治療は保険適用になるかで選ぶのもありですが、効果とデメリットを加味して本当に納得できる治療を行うことが一番大切です。